佐賀市兵庫北 エアコンクリーニング【簡易オーバーホール編】ホコリ カビ徹底除去

2021年3月19日

115
壁掛けエアコンの通常のエアコンクリーニングとは違う洗浄方法のご紹介です。
機種は、
富士通 AS-A283H 2013年製 ノーマルタイプ
ファンや、熱交換器をチェックした後、”エアコン簡易オーバーホール”の洗浄方法とご案内をお客様へ。
「どうせやるなら、とことんやって欲しいからお願いします」とのことで、
作業スタートです。
29
皆さまも触ったことのある、全面パネルです。
全面パネルとは、正面部分に付いているフィルターを取るときに開閉できるカバーですが
裏面はすでにホコリまみれでした
310
全面パネルを開けると見えてくるのが”フィルター”です。
このフィルターは小まめにお掃除しましょう。水洗い+乾燥で大丈夫です。
小まめに➡できることなら2週間に1回程度

49
風向ルーバーです。
エアコンのリモコンを”ピッ”と押すと、風が出てくる所が”ういーん”と開くはずです。
その分がルーバーです。カビがだいぶ飛んできてますね
あるあるですが、簡単にご自身でお掃除しようとする時、中を見ようとしてこのルーバーを手で”ガッ”と動かしていませんか?そうするとツメの部分が破損してしまい、ルーバーが動かなくなってしまいますのでご注意ください
58
熱交換器にもだいぶホコリが詰まりかけてます。フィルターを小まめにお掃除することで
このようになることを防ぐことができますので実践してみてください。
68
エアコンクリーニングを依頼されたことがある方は、90%以上の確率でこの状態に養生を行い
洗浄していることを一度は見たことあるのではないでしょうか?
おそうじ本舗でもこの方法が主流です。世間一般的に言われている「エアコンクリーニング」とはこの
通常のエアコンクリーニング方法を指します。
しかし、この洗浄ではまったく除去できないのが現状です。

93
更に分解すると熱交換器のみが壁に吊ってある状態になり、そのまま洗浄!
電気部品は全て外していますので、壊れる心配など全くなく、洗剤と水はかけ放題
そこまでしないと熱交換器は綺麗になりません
88
熱交換器以外をまとめて取り外した状態がこちらです。
このままでは、ジャブジャブ洗えないので、電気類を更に分解
104
ファンをとりあえず分解。
汚れが、、、目立ちます
116
ファンを取り外したケーシングという部品。
メーカーによっては、外箱と呼ぶそうです。
かなりカビまみれです。
要は、この部分にはファンや熱交換器があるため、
通常のエアコンクリーニングの際に邪魔になって洗えなかったり、そもそも目視できないと言った感じです。
123
洗浄後の熱交換器です。
ホコリもなく、綺麗です。
また、通常洗浄では表側しか洗浄できませんが、この方法だと裏側からも洗い流せるという利点がございます
133
ケーシング洗浄後。
今写している部分は水が通る道です。普通は表側と裏側に2本通ってますが、この奥側は絶対この方法でしか洗浄できません。
142
ファンです。よし!確認もきちんとできました。
ここまで分解するとお客様の中には、「戻せるの?」と
不安な表情をされますが、問題はありませんのでご安心を
151
通常のエアコンクリーニングにご満足いただけないお客様は
簡易オーバーホール洗浄をオススメ致します。
おそうじ本舗佐賀北店
0120-376-452
080-8353-2092
お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop