エアコン簡易オーバーホール洗浄 富士通 AS-A286H 2016年製 カビ徹底除去

2021年4月1日

124
本日のブログは、空室清掃で行った「簡易オーバーホール」というエアコン洗浄の方法を掲載します。
メーカー、型式は
富士通 AS-A286H 2016年製 ノーマルエアコン壁掛けタイプ
簡易オーバーホールとは、壁に熱交換器のみを残し洗浄する方法なので
いわゆる一般的なエアコンクリーニングとは違います。
料金は高めにはなりますが、根こそぎカビやホコリ、ヤニ、油汚れなどを除去できるので
新品同様にまでより近づけることが可能です。
215
風が出てくる部分を除くと、こんな状態です。
ここまでなると、絶対通常のエアコンクリーニングでは汚れが残ること間違えなし

316
一般的なエアコンクリーニングでは、ここまでの分解が普通です。¥12,100税込み】←定価
9割以上のエアコンクリーニング業者がこの状態から養生をしてからの~洗浄です。
しかし、ここから更に分解して、熱交換器のみにします
415
エアコンの下半分を分解
ドレンパン一体型なので、ファンも自動的に外れます。
あーやっぱり思った通りに汚れが目立ちますね
ここまでできたら、ファンモーター、ルーバーモーター、ファンを分解して洗浄
513
ファン、ファンモーター、ルーバーモーターなどを取り外した状態です。
汚れてますね~
一般的なエアコンクリーニングではまず見えない部分なので、もちろん綺麗にもならないのが現状です。
125
本体カバーの裏側です。こっちもカビがすごいですね
でも、汚れが付いていることはよくあることです
613
はい、この状態にまで分解して洗浄する方法を「簡易オーバーホール」と言います。
熱交換器のみなので、ジャンジャン洗えます

79
熱交換器を真下から除き、裏側を撮影しましたが、裏側までカビが貫通していますが
こういった汚れも一般的なエアコンクリーニングでは落としきれませんので
よって、残ったカビからまた繁殖がすぐ始まります。
95
ファンを取り付ける前の画像です。
目視しながら、角度を変えながら洗浄していくため、汚れ残りはございません。
105
ファンを外し、アップで撮影。見てください
カビが、、、。すごいです、、、。
1110
洗浄後のファンですが、汚れ一つ残らず洗浄完了
どこから見てもらっても、付着はございません!と自信もって言えますね
810
元の状態に戻し、あとは熱交換器と合体させて試運転して完了です

富士通に関しては、簡単にできることが多いので、若干料金が高めにはなりますが
簡易オーバーホールで根こそぎ汚れを除去した方が洗浄するスパンは長くなるかもですね

おそうじ本舗佐賀北店
0120-376-452
080-8353-2092
お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop